庶民が墓地を持つ様になったのはいつ頃からでしょう

墓地

墓地について

庶民が墓地を持つ様になったのはいつ頃からでしょう

色々な事に歴史が有る様に墓地にも歴史が有ります。
古墳は別とします。
古くは縄文時代まで遡れるそうですがはっきりと分かっていません。
現実になってくるのが鎌倉時代以降です。
集落や村などで構成されている生活の共同体として墓地が成立したようです。
室町時代後期から安土桃山時代にかけては埋葬し土をかぶせてその上に自然石を置いていました。
今の墓地の原型となるのは江戸時代からになります。
この頃になると、築城の技術と共に石の加工、運搬技術も発達し墓石にも技術が使われる様になりました。
明治時代に入ると西欧化が進みました。
政府は今までの共同体としての墓地ではなく、郊外の広い土地に外柵を付け区画整備し家ごとに仕切る方法をとりました。
技術の発達によるものが墓地にもありました。

正受院|神奈川県|霊園・寺院ご紹介|多磨霊園徒歩1分 お墓・霊園・墓石のこがねや石材

源正寺|東京都|霊園・寺院ご紹介|多磨霊園徒歩1分 お墓・霊園・墓石のこがねや石材

茅ヶ崎市・秦野市の葬儀・葬式なら最安値価格帯の里山葬祭

墓地関連情報

墓地を購入するにあたり心得ておきたい事は

高額の物を購入する時迷う事があります。
即決せずに幾度か考え直して結論を出します。
購入

墓地の運営先はどんなところでしょう。その種類

ひとつの事業を興すには様々な形態があります。
国や地方自治体が運営する公的な機関、個人、又は個

永代使用料が比較的安価な人気の公営墓地の特徴

人の世の常で、物を購入する時には出来れば良い物を安く買いたいですね。
でもそんな訳にいかない事

最新の墓地